ワイヤー矯正

ホワイトワイヤー矯正について

白いブラケット・ワイヤーを使用する目立たない装置です

白いブラケット・ワイヤーを使用する目立たない装置です箕面のうえだ歯科クリニックでは、「ホワイトワイヤー矯正」という審美性の高い方法で矯正治療を行っています。
従来の矯正治療のように金属ではなく、白くて透明感のあるブラケット・ワイヤーを使用するので、お口を開けても目立ちにくく、まわりに方から気づかれにくいです。

リーズナブルな価格でご提供します

当クリニックでは、できるだけ多くの方に矯正治療を受けて頂きたいとの思いから、ワイヤー矯正をリーズナブルな価格でご提供しています。
また、相談料・簡易検査料は無料で、精密検査料として30,000円頂戴していますが、ご成約後、こちらはご返金致します。

治療をスタートして頂きやすい価格設定となっておりますので、歯並びでお悩みの方は是非、お気軽にご相談下さい。

ワイヤー矯正のメリット・デメリット

ワイヤー矯正のメリット

幅広い歯並びのお悩みにお応えできます

ワイヤー矯正は最もスタンダードな矯正方法で、叢生(乱ぐい歯)、出っ歯(上顎前突)、受け口(下顎前突)など、幅広い歯並びのお悩みに対応することが可能です。

費用が抑えられます

矯正治療にはある程度の費用がかかりますが、ワイヤー矯正なら他の方法よりも費用が抑えられます。「金銭面が心配」という方にも安心して始めて頂けます。

治療期間が短い

「治療期間の長さ」が心配な方もおられるかと思いますが、ワイヤー矯正なら他の方法よりも短い期間で歯並びを整えることが可能です。
「できるだけ短期間で歯並びをきれいにしたい」という方などにおすすめです。

ワイヤー矯正のデメリット

装置を歯の表側に装着します

歯の表側に矯正装置を装着するので、装置が目につく恐れがあります。ただし、当クリニックでは金属の装置ではなく、白いブラケット・ワイヤーを使用していますので、従来のように装置が目立つ心配はほとんどありません。

虫歯リスクが高まります

矯正治療中は、お口の中に矯正装置があるのでブラッシングが行いにくくなり、虫歯リスクが高まります。
虫歯を予防するために、歯科医院で定期メンテナンスを受診したり、以前よりも丁寧にブラッシングするなどのケアが必要になります。

ワイヤー矯正の治療期間

治療期間の目安は1~3年程度

矯正治療の治療期間の目安は、患者様の歯並びの状態や、どの矯正装置を使うかによっても異なりますが、ワイヤー矯正の場合、治療期間の目安は1~3年程度です。

矯正治療を始める前にまず精密検査を行い、骨格や歯の状態、噛み合わせなどを確認した後、歯に矯正装置を装着させて実際の治療を開始します。
その後、治療計画通りに歯が動いたのを確認した後、今度は歯の後戻りを防ぐために「リテーナー」と呼ばれる装置を装着します。

このように矯正治療は何段階かに分けて行われるもので、どうしても長い時間が必要になります。当クリニックでは矯正装置の目立ちにくい「ホワイトワイヤー矯正」を行うなどして、この間、少しでも患者様の負担が軽減できるように努めています。

お問い合わせはこちら TEL:06-734-7777 インターネット予約はこちら 無料相談はこちら
一番上に戻る